金融機関へ借金を行っている本人が死亡した場合の基本的な手続きの流れを紹介します。男 陰毛 脱毛

近親者は借金の存在を知らなかったものの本人の死亡後に督促状によって借金の事実を知らされる事があります。肝がんと末期の骨転移

借金が判明した場合には速やかに借金をしていた金融機関に本人死亡の事実を伝える必要があります。

口座の解約及びキャッシングの停止手続き等を行う為です。

本人の死亡後に借金の未払い金が残っていた時には、基本的に返済は家族が継続します(遺産相続)。

遺産相続は必ずしもプラスであるとは限らず借金も遺産相続に含まれる為、遺族に借金返済の義務が発生します。

借金の返済額によっては遺族による返済が容易ではない場合があります。

遺族が故人の借金返済を相続しない意志を示す為に、相続放棄の手続きを取る事が出来ます。

相続放棄の手続きによって一切の相続を行わない旨を表明する為、借金の返済が不要になります。

プラスもマイナスも含めた故人の資産を考慮した上で相続又は相続放棄の手続きを進める事が大切です。