外為取引(FX)の投資の目標は世界各地の公式貨幣があります。80-17-145

公式通貨についての事を勉強していこうと思います。80-4-145

・通貨には「基軸通貨」という名称でよばれる公式通貨があります。80-2-145

基軸通貨の意味は国際間の決済そして金融機関の取引に関して主体として利用される公式貨幣のことなのですが現在はアメリカ合衆国ドルになります。80-7-145

かつては英ポンドについて基軸になる通貨でありましたが米ドルになりました。80-9-145

・FXを利用して流通される貨幣の種類は、他で言うところの外貨の投資に比べてみると非常に頻繁というのが特性というのがあります。80-6-145

FX専門業者により、貨幣の種類は異なっていますが平常では20種類前後の様子です。80-14-145

その種類の中でも動きが大きくなっている通貨をメジャー通貨と称します。80-19-145

流動する性質が大きくなっているが表すことは売買が積極的にやられておるという事であり流通貨幣の売り買い簡便なという事です。80-11-145

メジャー通貨には上の文にて言いました基軸の通貨と称される$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)、日本の円、ユーロ(?)3種の貨幣がありまして世界の3大通貨呼ばれております。80-13-145

ニュージーランドのドル、カナダのドルなどが準メジャー通貨と言われております。

これらの通貨以外の変動が小さい通貨に関してはマイナー通貨と呼ばれて相当に国力や経済における力が比較的弱い国の通貨価値で南アフリカランドや人民元、トルコリラなどがメジャー通貨に関しては取引している程度が多いので、値の乱調が横ばいで、情報量もたくさんあるようです。

マイナー通貨については、利子の面で高額な通貨というのが多いから値の高安がすごいとの事らしいです。

値動きが大きいという事においては多大な利潤を受け取る好機が存在しますが、利益を得る機会があるだけリスクの恐れも大きくて不安定事があります。

そして変動性が少ない公式貨幣ですので、決済したいと思ったときに終了決定が不可能であると予想される事があるので注意しましょう。

何の通貨を選び出すのかという事は公式通貨の特色をしっかりと吟味してから行動を起こす事は必須であるのではないかと考えます。


80-16-145 80-15-145 80-12-145 80-5-145